デジタルならではの高音質と多彩なエフェクト。
プロDJが繰り出す音と技を、手軽に体感できるパフォーマンスがここに。

Pioneer(パイオニア) CDJ-400

「CDJ- 400」では、ほぼ全てのボタン(機能)のオン/オフ情報やスライダーの位置情報を外部に出力することができます。これにより、例えば「CDJ-400」 とパソコンを接続することで、パイオニア「DJS※2」やSERATO「Scratch LIVE※6」などのDJソフトウェア※3をコントロールディスク無しで自在に操作し、PC内の音楽ファイルを再生させることなどができます。また、 「CDJ-400」は汎用MIDIコントローラーとして、DJS以外のMIDI対応PCアプリケーションをコントロールすることも可能です

Pioneer(パイオニア)DJM-400

主な特徴

■ 24bit/96kHzサンプリングのデジタルシステムによる高音質化を実現
■ ビート(テンポ)に連動してエフェクトをかけられる様々な「ビートエフェクト」
■ 「CDJ-200」とベストマッチする機能とデザイン
■ 業界初、リアルタイム・リミックスが可能な「インループ・サンプラー」

仕様

■ 入力端子  :CD×2(RCA)、PHONO×2(RCA)、LINE×2(RCA)、MIC×2(1/4 inch PHONE)、AUX×1(1/4 inch PHONE)
■ 出力端子  :MASTER OUT×2(RCA×2)、HEADPHONE MONITOR OUT×1(1/4 inch PHONE×1)
■ その他端子 :CONTROL(φ3.5MINI JACK)×2
■ 最大外形寸法: 223 mm (W)×304.7 mm (D)×106.6 mm (H)
■ 本体質量 :3.2 kg